読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜道 ~桜蔭への道 2017~

偏差値45.8からの最難関・桜蔭(62)挑戦

【実験】「下剋上受験」に書いてあることをそのままやったら桜蔭に受かるのか?【ドラマ化記念】

ドラマ「下剋上受験」を御覧の皆様へ
この記事には原作下剋上受験」に関するネタバレを含みます。
ドラマの結末と原作本の結末が同じになるかどうか
現時点では分かりませんが、
ご注意ください。
* * * * *

2014年夏。
下剋上受験」に書いてあることをそのままやったら桜蔭に受かるのか?
どうやら彼らより僕らのほうが条件がいい。受かるんじゃないか?
というのも、
・彼らの準備期間は1年半、僕らには2年半ある。
・彼らは偏差値41からだけど、うちらはサピ偏差値で45.8(実質52~53?)。
・彼は中卒、僕は中学受験経験者だし(ランクは低いけど仮にも)大卒。
・彼らは親塾だったけど、うちはサピ&親塾で完璧!…

実際、恥ずかしながら、
僕らの受験生活のスタートは
そんな僕の薄暗い好奇心からだった…。

正直、
大卒が中卒の真似してやるわけだから最低でもそれと同じ結果(難関中合格)、
それ以上の結果(桜蔭合格)が出て当たり前。
そんな舐めた気持ちがあったのも事実。

ただまもなく、その舐めた考えは粉砕されるわけだが…

 

今日、下剋上受験を読み返す。

最初読んだ時から、自分たちが実際にその時期になったら
その部分を読み返したいと思っていたのだ。

第六章「受験前夜」。
p.296~p.309。

最初の項は「学校を休ませてください」。

2013年1月、受験料を振り込み、三学期。
小学校が再開。

そんなところからはじまる。

そしてやっているのはずれ込んで1月になってしまった
桜蔭の過去問。

なにもかも、今の僕達と一緒だ。

ある学校は合格ラインに近づき、
ある学校は漬物石がのっかったように頭打ち。

一緒だ。

そしてこの先…
この親子は桜蔭に落ちる。

というかそのことは冒頭に書かれている。

(以下脱線
そして、ふとドラマ版のことを思い出した。
ドラマでは2/2、父娘で合格発表に向かう、
その出だしこそ一緒なものの
不合格という結果は伏せている。

いつ明かすのだろう?
最後?それだとあまりにも後味が悪すぎやしないか?
バッドエンディングすぎる。
じゃあいっそ合格したことにする?
いやいやそれじゃ詐欺だろう…
「不合格」になるというエンディングをいつ
視聴者に見せるのか?

難しい問題だ…。 脱線終わり)

(脱線2
ほとんど嘘のないこのブログですが、
来週、ひとつだけある読者の方を裏切ってしまいます。
先に言っておきます。出し抜きます。ごめんなさい。

あなたが受かれば僕が落ちる。
僕が受かればあなたが落ちる。

定員がある以上、誰かが絶対に落ちるのが受験。

勝ち抜くには情報戦も戦わなければなりません…
そしてこのブログももれなく戦闘中です。
時にライバルとなる読者の方を欺くこともあります。
ごめんなさい。)

そして310ページ。

「受験本番10日前」とあるから、1月21日か。
来週だ。
その9行を読んで、また泣いてしまった。


* * * * *
2月1日 まであと17日。

桜 道造

* * * * *
↓ 「がんばれ!」をぜひ応援のクリックで!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
中学受験ランキング 1位

▼おすすめ書籍
サピックス重大ニュース 2017年 時事問題はこれ1冊
都道府県地理カード 家族で楽しくクイズ大会
下剋上受験 すべてはここからはじまった

▼おすすめグッズ
コイズミ 電気敷毛布 130×80cm 快適なので2枚目購入